東京オリンピックとサーフィン

こんばんは、鈴木です。今日は東京オリンピックの話を書きたいと思います。というのも、2020年の東京オリンピックで初めてサーフィンがオリンピック種目として認められ、業界は盛り上がりをみせているからです。私もテンションが上がっています。ただ、サーフィンはオリンピック種目として成り立つかという議論もあります。波のコンディションによって、差が出てしまうから、優劣をつけるのが難しいです。とはいえ、サーフィンの大会は普通にあります。大会というよりも、コンテストに近い感覚です。まあ、サーフィンはスノーボードに近いとも言えますから、サーフィンもオリンピック種目としては有りなのかと思ったりもします。スノーボードで言えば、ハーフパイプという種目に近いかもしれませんね。ジャンプの高さや回転、技の難易度が評価されます。日本人サーファーでも、世界に通用する選手もいますから、東京オリンピックは楽しみです。もちろん、私は東京オリンピックには出場しませんよ。2020年東京オリンピックのサーフィンの会場は、千葉県長生郡一宮町にある釣ヶ崎海岸というところです。サーファーの間では、志田下というポイント名で呼ばれています。どちらかといえば、サーフィン上級者向けのポイントです。私は千葉県民なので、当然のことながら、志田下は行ったことがあります。ローカル色の強いポイントなので、サーフィン初心者にはお勧めできませんが、プロサーファーが競技目的で入るのなら、良いポイントだと思います。サーフィンのオリンピック会場の志田下は海の正面に鳥居があることで有名です。ちょっと怖いような、神々しさを感じます。志田下の鳥居は、外国人ウケしそうですね。NSAの公式ホームページでは、東京オリンピック強化指定選手を見ることができます。A指定選手からC指定選手まであります。C指定選手はU14年齢枠なんですね。写真を見て、どうりで若いと思いました。オリンピック関連は、サーフメディアにも情報は載っています。
何か新しい情報が入ったら、また記事にしたいと思います。